現在、マスク着用でのご来店を条件とさせて頂きますのでご協力をお願い致します。
体験作りコーナーはコロナウイルス感染拡大防止のため、受付を休止しております。

農家蔵ギャラリー 源左エ門

農家蔵のギャラリースペース

人と物を繋ぐ蔵スペース

<ご案内>コロナウイルス感染拡大防止のため現在、蔵ギャラリースペースは休止とさせて頂いております。ご利用可能時期が決まり次第、当ホームページでご案内いたします。尚、ご利用についてのご相談やお問い合わせ、蔵スペースの内覧などは随時承っておりますので店舗へお越し下さい。

西山ろうそく店の敷地内にある土蔵は多目的スペースとしてご利用頂けます。個展・発表会・ワークショップ・会合など自由にお使い頂けます。

信州黒姫高原の貸しギャラリー

利用時間と期間

イベント時間は当店の営業時間内に準じて頂きますので10時~17時の間で調整して下さい。また当店定休日(水曜日と木曜日・臨時休業日)はご利用頂けません。使用可能期間は4月~12月となり1月~3月の冬季は閉鎖となります。

上水内郡信濃町の蔵ギャラリー

スペースと設備

広さは約12畳となります。中央テーブル(固定)と穀枡枠の展示スペース(一部可動可能)で、空いているスペースは自由にレイアウトを変更してご利用いただけます。壁面は全て木で覆われ、天井が吹き抜けで建築時の丈夫な梁が見られます。出店者専用の待機スペース(机・椅子)、予備の棚板や木箱などもご用意しています。壁面など壁掛け展示や展示用の特殊な什器などを持ち込みされる場合は別途ご相談下さい。

蔵の格子戸を利用した展示台

照明は作品展示部分へのスポットがメインとなり蔵内部全体を照らしませんので、落ち着いた雰囲気の空間となっています。別途電気コンセントのみ利用可能ですが、過度な電力使用は出来ませんのでご了承下さい。BGM演出が必要な場合はご持参下さい。お手洗いは店舗用をご利用可能、また出店者様のお車は蔵の前に停められます。

信州信濃町のギャラリースペース

告知宣伝

出店者様のイベント開催に向け、当店オフィシャルブログやSNSでも告知させて頂きます。またご自身で制作されたポップやフライヤーなど印刷物がある場合は当店店内にも事前設置して頂けますのでお気軽に申し付け下さい。

出店者様へのお願い

*ご利用希望日の3日前までにはお申し込みをお願い致します。既にご予約済みの日程も発生しますので出来るだけ早めにお申し込み頂ければ幸いです。尚、当日や前日の急なお申込みは準備の都合上で承れない場合が御座います。*駐車スペースが限られていますので、お客様への告知では出来るだけお車の乗り合いをお願いして下さい。尚、マイクロバスなど大型の車両は駐車できません。

農家蔵 源左エ門

 

ご利用頂けないケース

蔵スペースは皆様の作品展示や販売などを目的としていますので、下記の様なご利用はご遠慮していますのでご理解下さい。

*政治/宗教/暴力/アダルト/薬物などに関連する商品販売や集会*訪問販売や会員勧誘を目的とした営業活動*許認可を受けていない物品販売行為*電力を過度に使う場合、および火器類の使用*大きな音がする楽器などの使用*匂いなど蔵内部に充満する場合*運動などトレーニング目的の使用*蔵内外に破損の危険性が想定される使用*その他、不適切と当方が判断した場合

利用料金

利用は時間ではなく1日単位となります。1日利用の料金は3,000円(税込)となります。4日以上連続でご利用される場合は1日2,500円(税込)となります。長期利用は別途ご相談下さい。

格子蔵戸のテーブル

お申し込み・お問い合わせ

お申し込みやお問い合わせはお電話で頂くか、メールにて承ります。直接お越し頂ければスムーズにお話が出来ますのでご遠慮なくご来店下さい。お電話の場合は店舗営業時間内にお願い致します。メールの場合は3営業日以内にご返信致します。以下の点について必ずお知らせ下さい。お電話・メールはショップガイドページを御覧下さい。

*代表者様のお名前、工房や作家名、お電話番号、メールアドレス、利用目的(主な商品や作品のカテゴリ)、ご利用希望日。

穀枡を再利用した作品展示コーナー

土蔵の歴史

1878年(明治11年)に当時の家主、源左エ門さんが建てた農家土蔵です。穀物や籾殻を貯蔵する為の穀枡(こくます)が8つあり、1つは当時のままの状態でご覧頂けます。140年以上が経っていますので内部・外観はその後、何度も修復をしながら大切に使われてきました。天井梁は当時のまま現存していますので中に入ったら是非御覧下さい。ギャラリー名に使わせて頂いた源左エ門さんと大工棟梁の名前が梁に書き残されていますので探してみて下さいね。

築140年の蔵を利用したギャラリー

リノベーション

この数十年間は殆ど使われてなかった土蔵を自ら修復して蘇らせました。現存のままの空間を活かしながら、木箱・古民具・蔵戸など元々この場所に置かれていた物を再利用してギャラリースペースにしました。落ち着いた蔵の雰囲気と何処か懐かしい空間を楽しんで頂ければ幸いです。

土蔵の穀枡